育毛の仕組み

育毛の仕組みと育毛剤の成分について

ストレスや食生活の乱れから、私たちの頭皮は常に過酷な環境にあります。育毛の仕組みや育毛剤の成分をしっかり把握し、日常生活を改善してストレスのない生活を送る事で、頭皮が健康的になり育毛剤も効果的に作用します。

正常なヘアサイクルと乱れた場合

健康的な毛髪は成長期に退後期、休止期という3つの流れを二年から七年のサイクルを繰り返しています。毛髪や頭皮の環境が悪くなると、このサイクルのバランスが乱れてしまいます。毛髪が十分に成長しないまま退後期や休止期に移ってしまうので、脱毛へ繋がる危険性が高くなってしまいます。健康でしっかりとした髪を育毛するには、この発毛サイクルを正常化し、毛髪がしっかりと育つ環境へ整えることで育毛へ繋がります。育毛サプリメントに育毛剤、育毛シャンプーなど様々な商品がありますが、いくら使っても効果があまり感じられないのは、このサイクルをまずはしっかりと整えなければ意味がありません。まず気になったときは医療機関へ相談するのが良いでしょう。

育毛剤の成分にも注目をしよう

健康な頭皮や毛髪にするには、まずはシャンプーで正しい洗い方をしましょう。爪を立ててごしごし洗うと頭皮が傷ついてしまうので注意が必要です。また、清潔にすることは大切ですが一日に何度も洗うと頭皮が乾燥し余計な皮脂が分泌されるため、一日一回で十分です。育毛剤は様々な成分が配合されていますが、酵母エキスや大豆エキス、センブリエキスなど髪の発育に必要な栄養素が配合されたものを選ぶのがポイントです。また肌が弱い人はアルコールなど刺激が少ないものを選ぶこともポイントとなります。一番頭皮にいいのは界面活性剤や着色料に香料などの添加物が一切入っていない商品を選んだほうが、髪にも頭皮にも優しく、べたつきも少ないのでお勧めです。

医療機関での発毛や育毛は一人一人にあった治療ができる

育毛剤を使ってみたが、それでも効果を感じられない場合は育毛や発毛専門のクリニックを受診しましょう。日本人男性の約三人に一人は薄毛と言われている現在、専門の医師の診察を受けて薄毛の原因を探り、適切な治療を受けることで薄毛が改善される可能性があるからです。クリニックの場合、その人の症状に合わせた治療や薬を処方してくれるので、市販の育毛剤やサプリメントよりも効果的に育毛を行えます。またストレスによる抜け毛の場合、ストレスを取り除かなければ意味がありません。クリニックではこうした人のためにもメンタルケアのサポートを行っています。自分の薄毛の原因と向き合い、一人一人にあった治療を行うことで育毛の第一歩を踏み出せます。

100日以上咲き続ける洋蘭マリーローランサンのエキスが発毛に働きかけます。 10年の歳月をかけて育毛剤「蘭夢」に使用される蘭を育てています。 日本中に自生するセンブリから抽出したエキスが頭皮の血液循環を上げます! 2014年に今までの蘭夢の効果を大きく超える「蘭夢黄金率」を発売しました。 育毛剤蘭夢の働きを助ける「蘭夢シャンプー」を販売中です。 日々の積み重ねで育毛は変わります